帰る場所があるかどうかが試金石?

006029
私自身は浮気の経験があります。
しかし運よくそれが夫婦間のトラブルに発展したことはありません。
慎重であるからとは言ってもやっぱり運が良いのだと思います。
反面、浮気がバレて離婚にまで行ってしまった友人もいますし、浮気なんて無縁なのに性格の不一致だとかで別れてしまった夫婦も少なくない。
一体浮気ってどういう認識で見るのが正しいんだろうかとふと思いにふけることがあります。

相手からしてもそうですが、浮気されても最後は許してくれるパートナーもいれば、一度きりの過ちを許せない人もいる。
どちらも実在しますし、どちらの判断も間違いだなんて思えないのです。
相手の懐次第、と言ってしまえばそれまでだけども、結果的に最後に帰る場所かどうかが問題なんじゃないだろうかというのが私の今の時点での結論なのかもしれません。

私の浮気はまあ病みたいなものですから、妻は薄々感づいているのかもしれませんね。
でもそれを泳がせておくだけの気持ちの余裕がある可能性があります。
どうせあなたは帰ってくるでしょう?そんな風に思われてはいないか、聞いてみたいとは思いませんがそう詮索してしまうものです。

確かに私の場合はふと魔が差してもすぐ飽きてしまい元の鞘に収まることが常ですし、結局家内が好きなんだということに間違いはないのです。
だからと言ってお互い歳を重ねていますから、若い女性に惹かれてしまってついっというケースがあります。
おそらくですが、同じ世代の女性に惹かれた時は家内もけじめをつけようとするのかもしれません。

あいにく私の場合は付き合ってる時から他の女性に気が行くことが多々ありまして、そんな浮気心をわかった上で一緒になったのが今の家内、その時点で覚悟はあるのだろうしだからなんなのというぐらいの割り切りがあるかもしれませんね。
結局女の前では男なんてちっちゃいもんなんだろう、どんなに偉そうぶったところで女の懐の深さにはかなわないと思ってしまうのです。