不倫とか浮気は割と社会的にダメージがある

061377

浮気というのは法律的にどういう意味があるのかということになりますが貞操義務に関する部分に抵触する可能性があるわけです。つまりは貞操義務というのはあるのかどうかというのがその人たちの関係において重要になっています。夫婦間であれば間違いなくあるのですが単なる恋人関係ということになりますとあくまで夫婦ではないので自由恋愛中ということになります。

人間としてどうなのかということはありますが効率的な意味において貞操義務が恋人間に発生するのかと言うと正直、微妙なところでもありますのでそれを追求するのはかなり厳しいことになるでしょう。所謂、法律的な意味において不倫浮気というのはどのような意味があるのかということになるわけですが社会的な責任という点においてプライベートのことでは済ますことができないというようなパターンもあったりします。
例えば会社の信用的な問題において不倫とか浮気をするような人を雇うわけにはいかないということもあったりします。これが雇用関係を終了させることにおいての理由として認められるのかどうかというのが微妙なところではあるのですが例えば会社内で不倫をしていたとかに取引先の人とということになったりしますとさすがに認められる可能性が高くなります。

個人的な行動ではあるのですがその人が所属する組織において、その人の行動によって組織全体の信用を落としてしまうということがあるのであれば当然君は必要ないと言われてしまうことがあるわけです。そうしたことがありますとさすがに生活の糧を失ってしまう事になってしまうわけですから不倫はよくない、浮気はよくない、となるわけです。

そもそも社会的にそのような不義は認められない、とするのもある意味では当然であり、その手の行為を認める、ということは社会的には有り得ないことではあります。不倫とか浮気をする人はそうしたことをしっかりと自覚した上で自己責任で行うようにしたほうがよいです。